ブログ

ハワイ島~古代絵文字ヒエログリフの丘

おはようございます。
マリアレイです。

オワフ島から、ハワイ島へ到着です。

空港へ、ポハク西田さんに、お迎えをお願いしました。

ポハクさん~いつも通りのスリムな感じで、遠くからでも、すぐにわかります。

本人曰はく。。。

「マリアさん~今回は、スペシャル・サプライズなお出迎えです~音譜

なんだそうでございます。

この西田流、スペシャル・サプライズの内容につきましては、知らぬが花でございます。

ささ、西田さん~早速、出発しますからねっにひひ

まずは、一昨年来、いつでも行けるから~っと、結局、まだ、行っていない場所へ、今回は、忘れないうちに~ということで、空港から、直行していただきました。

t02200220_0800080012718383802

ハワイ諸島の中で、ハワイ島が、一番、新しい島なんです。

そして、今も、噴火し、溶岩が流れだし、島の形状や面積は変化しています。

溶岩台地の溶岩が、砕かれ、砂になり、そこに樹木や草が自生し。。。

そうなりますまでに、どのくらいの歳月が流れたことでしょう。


t02200220_0800080012718381144

この立て看板が、入口にあります。

t02200220_0800080012718383801

ちょっと、読みづらくて、ごめんなさい。

t02200220_0800080012718381141

ポハクさんがいらっしゃらないと、ちょっと、たどり着けないかも。。。

先を歩いていらしゃってます。



t02200220_0800080012718381142

この立て看板は、道の分岐点にあるのですが、朽ちて、地面に落ちています。

誰かが、それを、見やすいように、もともとの杭(くい)に立てかけてくださっていました。

t02200220_0800080012718383803

やっと、到着しました。

t02200165_0800060012718386318

ここでございます。


t02200220_0800080012718389469

ずっと、ここへ来てみたかったんです。

古代の絵文字が、この丘、一面に描かれています。

t02200220_0800080012718386319

この絵文字の書かれている丘の周りの樹木は、なぜか、この丘を守るかのように、どの樹木も、内側へ向かって枝を伸ばしていました。

t02200220_0800080012718389470

みんな、絵文字の丘を見守るかのように、絵文字の方へ、枝を伸ばしています。

t02200220_0800080012718391479

この丘は、実は、すっごく、広い台地の形状になって、広がっていました。


t02200220_0800080012718391480

その台地一面に、あちらこちらに、「POHAKU(ポハク)」サークルがあります。

そのサークルの中に、絵文字が描かれています。

風化して、見えづらいものもございました。

 

風の吹きわたる丘の上に、無数の「POHAKU(ポハク)」サークルがございました。

t02200220_0800080012718389471

この広大な丘は、今は、樹木が生い茂っていますが、もしも、この樹木がなかったとしたら。。。

ここからは、ハワイ島の山々のすべてが、一望のもとに、見渡せます。

ここで、古代のハワイ人は、なにを思い、なにを祈り、なにを書き記したのでしょうか?

この丘を、グルッとまわって歩きました。

そして、ここに、やっと、来れたことに感謝しました。

古代の人々の足跡が残るこの丘で、マウナケアから吹きわたりくる風に吹かれながら、瞑想しお祈りをしました。

わたしが、そうしている間、ポハクさんも、遠くでお祈りをなさっていました。

t02200293_0800106712718386320

コハラ山脈が美しく青空に映えていました。

あのね、ポハクさん、おととし、ここへ来たいって申しましたら、確か。。。

「マリアさんのホテルから、すっごく、近いから、僕が案内しなくても、自分でお散歩できますよ。

僕は、車がないと行けない場所へお連れしますから、そこへは、ご自分でどうぞ~」

って、おっしゃいましたよね?

「あっ、言ったかもしれませんね。

でも、ここへは、ひとりでは無理ですよ。

お散歩って感じでもないし、入口からここまで、結構ありますからね。

これは、僕がご案内しないと、無理でしょニコニコ

って、あっさりしたお返事でございました。

困ったもんです。

他に案内したい場所がある場合、彼は、そこへ行ってしまうのです。

やっと、マリアが行きたいところへ行ってくれるようになってきました。

こういうのを、リピートし甲斐があると申しますのでしょうかしら。。。どうでしょうかしら~にひひ

そして、マリアの行きたかったところシリーズは、続きます~ラブラブ

関連記事

【レムリアの愛 マリアレイ】ほぼ毎日、ALOHAメールマガジンは、 【レムリアの愛 ALOHA】で自分も自分のまわりもハッピーに生きる。レムリアン瞑想™を実践する瞑想家、レムリアンヒーラー、そしてヒーリング・メンターとしてヒーラーズ・ヒーラーをミッションとするマリアレイが、毎日のアロハ(愛)をほぼ毎日、ほぼ深夜に、お届けするメールレターです。
ページ上部へ戻る