ブログ

【ドテラ・アロマライフ】植物性ミネラル

こんにちは、マリアレイです。
あなたの中に眠る『女神』の遺伝子の目覚めをサポートします。

マリアレイ(R)は、瞑想家であり、ヒーラーです。
そして、ヒーリング・コミュニケーター(TM)として活動しています。

その使命は、ホリスティックな立場から、ヒーリングをわかりやすく紹介していくことです。オトナ女子が、キラキラ輝きながら、明るく活躍していくために、日常的に五感に意識的に働きかけて、あなたの第六感を磨いていく女神の瞑想法をお伝えしています。

『愛』『平和』『調音』『豊かさ』をあなたの人生にもたらします。

 

早速、製品の研究を始めたいと思います。

まずは、ミネラルについて、勉強してみましょう。

土曜日に新規入会してくださったジャスミンさんから、ミネラルについて、詳しく知りたいというリクエストをいただきました。ありがとうございます。早速、勉強します!

ドテラ社のミネラル動画を検索していましたら、勉強になりそうな3つの動画を見つけましたので、シェアさせてくださいね。最後の動画は、植物性ミネラルの解説動画なんです。これは、私自身、知らないことだったので、一緒に、シェアさせてください。

 

【動画】ドテラ社のミネラル

【動画】植物系ミネラルの秘密

【動画】植物性ミネラル解説

 

ここ動画の中でも、2つ目の動画の中で、紹介されているのは、先住民族の聖なる水、祈りの水だっら地層から、採掘したものだということなんですね。



そもそも、『ヒューミックシェール』というもの自体、初めて知りました。
太古の植物の地層から採掘される「植物系ミネラル』の元祖みたいなものなんですね。
興味深いです。地球ってすごいな。と思わずにはいられません。


この勉強は、私自身の納得につながっていくものでした、
 
実は、私は、『どうして、土を採取して、それを飲むんだろうか? なんだか。飲みたくない気がする。』正直なところ、ミネラルに対して、かなり、懐疑的だったんです。友人の勧めで、酵素ドリンクを炭酸で割って、飲んでいました。これは、美味しいから!という理由だったんです。
 
ドテラ社のミネラルは、美味しいかどうか?
 
私は、プルーン味を炭酸水で割って飲むのが好きです。カシス味は、個人的には、ちょっと、苦手です。私の顧客さんで、(私のグループではないのですが)長年、このミネラルだけを定期注文で、毎月、2本をずっと、購入されている方があります。その方から、ご質問があったんです。
 
『マリアさん、私、ずっと、ミネラルが、毎月(定期注文で)届くんです。体に良いことがわかっているので、ずっと、辞めずに続けています。マリアさんが、ドテラを始めたということで、お聞きしたいんですけれど、プレーンって、どんな風に使うんでしょう?』
 
 
ドテラのミネラルには、3つの緩いがあります。
 
プレーン、プルーン、カシスです。
 
このプレーンって、ちょっと、にがりみたいな味がするんですよね。つまりは、美味しくない!然しながら、ミネラル含有量は、このプレーンが、一番多いわけなんです。
 
では、この、あんまり美味しくない、でも、ミネラル豊富なプレーンをどうするか?
 
ますは、ご飯を炊くときに、キャップ1杯くらいを足すと、ふんわり、美味しいご飯が炊けそうです。お肉を焼く前に、ミネラルスプレーで、シュシュシュッとすると、柔らかく美味しくなるそうです。また、お風呂にちょこっと入れて、お肌から吸収するという活用法も見逃せません。お肌、ツルピカになりそうですよね。
 
通常、一人、毎月、3本、飲むと良いそうですが、私は、だいたい2本くらいは、気がついたら飲み干しています。アロマエッセンシャルオイルは、なかなか、減りませんが、ミネラルは、炭酸水で割った理、オレンジジュースに入れたり、あっという間に、飲み干してしまいます。
 
これは、毎月の定期注文にしておく方が、忘れなくって良さそうですね。
 


最初は、『大地から採れるって、土じゃ嫌だもん!』っと、今思うと、訳のわからないことを思って、飲まず嫌いだったミネラルですが、勉強してみると、これは、飲まなきゃっと思う大事なものになってきました。

ミネラルって、自分の体の中では、作れないんですね。だから、食べる(飲む)ことで摂取する必要があります。酵素も体に良いのですが、酵素を体に取り込むには、ミネラルが必要なんですね。土壌やお野菜に含まれるミネラルが、近年、減少している中、サプリやドリンクで、ミネラルを補給することが、健康ピラミッドの大事なライフスタイル(生活習慣)なんだとわかりました。

しっかり、毎月、3本、飲んでいこうと思います。

ちょうど、毎月、検査結果が出るので、どんな風に変化していくのか、楽しみです!!

 


いつも読んでくださって
ありがとうございます

 
あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
マリアレイ

 


関連記事

ページ上部へ戻る