ブログ

マカヒキ

o0480064113112485273

マリアレイが大切に思う
聖なる日「マカヒキ」
についてお話ししたいと思います。

マカヒキのタイミングに
神聖なる祭礼を
受ける意味を知るために、
少し長い引用となりますが、
マカヒキについての詳細を
添付したいと思います。

以下、引用します。
(引用先を忘れてしまいました。。。)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

マカヒキ祭は、
古代ハワイでの
1年で最大の行事で、
ロノ神を主神とする、
4ヶ月にも及ぶ大イベントでした。

10月中旬、
日没に
プレアデス(マカリイ)が
東の空に見えるよう になると
カフナによって
マカヒキのはじまりが
宣言されます。

マカヒキの間は、
戦争行為が
カプ(禁止事項、タブーなど)
とされました。

寺院での儀式も中止され、
食事の用意などを除き、
家作りやカヌー作り、
カパやラウハラ作りといった
急がない仕事は休みになりました。

農作業も
4ヶ月の休みに
入ったのです。

マカヒキの時期には
年貢が集められ、
酋長に献納されました。

酋長またはその代理人が
回って来るのですが、
食べ物は腐りやすかったので
いったん年貢として
収められるや否やすぐに、
カフナや酋長の同行者の間で
分配が行われたといいます。

年貢を納めたものは
その見返りに、
酋長からの祝福、
いわば酋長を通じた
神からの祝福が
授けられました。

来年の豊作と、
良い雨、そして
諸々の幸福が
約束されたのです。

年貢を 納めた後は
皆リラックスし、
ゲームや踊りに
興じました。

とにかくこの4ヶ月間は
カプの厳しい掟から自由で、
ハワイの人々にとって
大いなる気分転換に
なっていたようです。

マカヒキは
収穫祭でもありました。

犬や鶏や魚の肉が
捧げられました。

ただし豚は、
ロノ(収穫の神)の化身である
とされていたので用いられません。

タロ、サツマイモ、
バナナ、ブレッドフルーツ、
ヤムイモ、葛根、ココナツ、
さとうきびなど数々の食物と、
カパやラウハラのマットなど
さまざまな工芸品が
納められたのです。

下の図は、
ロノ神を象徴した
「ロノマクア」と
呼ばれる白布です。

長い棒が
「T」の字に組み合わされ、
棒の交点には、
ロノの木像があります。

横木からは
鳥の羽のレイや、
シダが垂らされていました。

キャプテンクックが
マカヒキ祭の最中に
ハワイ島に来航した際、
ロノ神と間違われて
崇拝されたというのは
有名な話ですが、
クックが 乗っていた
レゾリューション号の帆は、
まさにロノマクアそっくりです。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

古代ハワイ社会でも
日本や欧米と同じように
お正月、つまり新年
という概念がありました。

ちょっと横道にそれますが、
メリー・クリスマスという言葉は、
ハワイ語では
「メレ・カリキマカ(Mele Kalikimaka)」
といいます。
メリー・クリスマス(Merry Christmas)
という英語をハワイ語読みにあてはめた、
いわゆる外来語になるわけです。

また、新年の挨拶、
「新年、明けましておめでとう」
英語で言うところの
「A Happy New Year」は、
ハワイ語では
「Hou’oli Makahiki Hou/ハウ・オリ・マカヒキ・ホウ」
と言います。

「Hou’oli/ハウ・オリ」は
喜ばしいとか、幸福なという意味で、

「Makahiki/マカヒキ」は
一年を、

そして
「Hou/ホウ」は
「新しい」とか、
「最近の」を意味し、

「Makahiki Hou」で
「新年」を意味するハワイ語です。

このマカヒキ(Makahiki)
というハワイ語は、
古代ハワイ社会にとって、
とても重要な意味を
もつ言葉なのです。

hawaiancenter_14_02

古代ハワイ社会の新年は、
東の空からスバル
(牡牛座にある散開星団、プレアデス星団、肉眼では6個の星が見える)
が昇ってくる夜(2015年は10月11日)
を過ぎた最初の新月の晩(2015年は10月12日の夜)から
新しい年がはじまりました。

そして、新しい年が明けると
新年のお祭りが開催されます。

この新年のお祭りもまた
マカヒキ(Makahiki)
と呼ばれていました。

マカヒキのお祭りは、
豊饒と幸福をもたらす
古代ハワイ宗教
農業の神
「ロノ(Lono)」を
讃えておこなわれていました。

マカヒキの祝日は、
およそ10月~11月から
翌3月~4月まで、
太陰暦の4ヶ月にまたがる
長い休日となりました。

このお祭りの期間は、
クー(Kū)
カーネ(Kāne)
カナロア(Kanaloa)
の神を祭った
ヘイアウ(Heiau=寺院)
は閉じられ、

ロノの神を祭った
ヘイアウのみが
開いていました。

この期間、
戦いやケンカは
ご法度となり、
また、
働くことも
禁止されていました。

そのため、
農作業や漁も休みとなり、
家を建てることやカヌーを建造することなども、
そして、ラウハラやタパ布織りなども禁止されました。
家事のみがゆるされていました。

 

ハワイの神々について
少し書き記しておきましょう。

古代ハワイ社会では
数百にもおよぶ神々、
および半神(デミ・ゴッド)が
信仰の対象として存在しており、

そのなかでも
もっとも位が高いのが
四大神でした。
クー(Kū)、カーネ(Kāne)、
ロノ(Lono)、カナロア(Kanaloa)
と呼ばれていた神々で、
この四大神はハワイばかりではなく、
タヒチやサモアなど、
ポリネシア全域で
偉大な神々として
信仰されていました。

ハワイへは
タヒチなどからの
初期の移住者が
生活に必要な
タロやココナッツなどの植物とともに
信仰の対象として持ち込まれました。

四大神のうち、
クー(Kū)は
戦いの神として有名です。

クーはまた、
雨や漁業、呪術など
29種類の神としての役割が
あったとされています。

カーネ(Kāne)は、
この四大神のなかで
もっとも偉大な神とされ、
日の光、新鮮な水、森林など、
生命の根源をつかさどる神でした。

ロノ(Lono)は、
鳴り響くというハワイ語からきており、
雲、風、海、農業、豊饒の神とされ、
生け贄を必要としない
唯一もっとも平和な神として
一般庶民に慕われていました。

カナロア(Kanaloa)は、
海洋と海風、航海の神で、
しばしばタコやイカ、
バナナに姿を変え、
人々を癒したという伝説があります。

hawaiancenter_14_03

さて、ロノの神のもとで行われていた
新年の収穫祭の行事、
マカヒキ(Makahiki)
の言葉の起源を調べていくと、
古代ハワイの人々がたどった
歴史が垣間見えてきます。

マカヒキの語源にはおもに
二つの説があります

 

一つは、ハワイ語の
Makahiki(マカヒキ)には
「一年」という意味もあります。

この「一年」は、
 収穫を終えふたたび新たに
 タロなどを植えつけるといった
農業がはじまる一年という解釈ができ、

これは、
Makali`i Hiki(マカリ・イ・ヒキ)
からきていました。

Makali`i(マカリ・イ)は
 スバル座のことで、
スバル座(Makali`i/マカリ・イ)が
東の空に昇った(Hiki/ヒキ)後の
新月の晩から新しい年がはじまりました。

つまり、新年を迎える合図である
Makali`i Hiki=スバル座が昇る
 というところから
Makahiki=新年
というハワイ語になったというものです。

ちなみに、古代ハワイ社会の新年の
最初の月は(Makali`i/マカリ・イ)
と呼ばれています。

二つ目は、ハワイアンのルーツ説で、
ハワイアンはもともと初期の航海で
 おもにタヒチからカヌーでやってきました。

このMakahiki(マカヒキ)という
 ハワイ語は、
Ma+Kahiki、
Maは方角を表す前置詞で、
 「Kahiki」のKをTに置き換えると
「Tahiti」となり、
Makahikiは、
 「Ma+Tahiti:タヒチの方角」
という意味になります。

このように、
マカヒキ(Makahiki)は、
タヒチからの初期の移住者の遺言で、
ハワイアン(タヒチからの子孫)が
 タヒチからカヌーで来たことを忘れないように、
またふたたび故郷であるタヒチへと
戻る日がくるようにと、
ロノの神と結びつけて
新年の行事をおこなうようになった
 というものです。

 古代ハワイの人々は、
ロノの神は、毎年、農業を教えるために
地上に帰ってくると信じられていましたが、
これもふたたびタヒチへと戻るという
遺言によるものと考えられています。

このロノの神の象徴として
新年に飾られる
 ロノ・マクア(Lono Makua)の白い布は
航海で使われた双胴カヌーの帆を
 モチーフしてデザインされていました。

このLono Makua(ロノ・マクア)の
Lono (ロノ)には
「記憶」という意味が、

そして、Makua(マクア)は
「祖先」という意味があり、

Lono Makuaでは
「祖先の記憶(タヒチからの子孫)」
というハワイ語になります。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

以上が、引用部分です。

 古代ハワイのマカヒキ~新年のエピソードでした。

 


関連記事

【レムリアの愛 マリアレイ】ほぼ毎日、ALOHAメールマガジンは、 【レムリアの愛 ALOHA】で自分も自分のまわりもハッピーに生きる。レムリアン瞑想™を実践する瞑想家、レムリアンヒーラー、そしてヒーリング・メンターとしてヒーラーズ・ヒーラーをミッションとするマリアレイが、毎日のアロハ(愛)をほぼ毎日、ほぼ深夜に、お届けするメールレターです。
ページ上部へ戻る