ブログ

ブログをシェアします♪『石井ゆかりさんの2019年空模様』

こんにちは。【女神のインスピコーチ】マリアレイ(R)です。 毎年、このブログでも、シェアしたくなってしまうのは、石井ゆかりさんの空模様です。 毎年の大晦日に、空模様が発表されます。 マリアレイは、おひつじ座なので、今日、ふむふむ、読んでみました。 ↓ ↓ ↓ 以下、引用です。 ↓ ↓ ↓ 【2019年の牡羊座の空模様】 たとえば、旅は2種類あります。 ひとつは、どこに行きたいかを探すための旅、 もうひとつは、どこに行きたいかが解っている旅です。 私たちは「ここではない、どこか」に憧れ、 まだ見ぬ世界に行くことを夢見ます。 その一方で、何らかの使命を帯び、 目的地について深く知った上で 「その場所」を目指すことがあります。 2019年は牡羊座の人にとって 端的に言えば「旅の年」です。 でも、その「旅」は、決して 「あてどない旅」ではありません。 単に「ここではない、どこか」に憧れて 闇雲に出て行くような旅ではないのです。 2019年の牡羊座の旅には、 ごく重要な目的地が設定されています。 年が明けた段階で あなたはもう、その場所をじっと見つめています。 おそらく、2017年の終わり頃から あなたはその場所を、 心の中にピンでとめて、 見つめ続けていたのかもしれません。 今なら、そこに向かって出発できます。 (中略) 古い時代、人々は、 宗教的な「巡礼の旅」に出かけました。 何か聖なるものに出会いたい、 善と自分を近づけたい、 世界と自分の繋がりを確かめたい。 おそらく、そんな思いを抱いて 人々は危険を伴う旅に乗りだしたのかもしれません。 三蔵法師教えと経典を求めてインドに渡ったのは まさに「目的のある旅」でした。 現世的な目的であれ、聖なる目的であれ、 私たちが危険を冒してまで 「この場所」を出るのは、 なぜなのでしょうか。 その「目的」には、 それほど大きな価値があるということなのでしょうか。 「人生の意味」を探す人は、たくさんいます。 「なんのために生きているのだろう」という問いを 人生に一度くらいは、誰もが抱くものではないかと思います。 とても忙しくて、物事がうまくいっていて、 慣れ親しんだ人々から愛され、 必要とされているときには その答えらしきものはすぐに見つかるかもしれません。 ですが、未知の世界に立ち、 見知らぬ人々に揉まれ、 未来に強い不安を抱えているような時には なかなか、その答えは、思い浮かびません。 「自分探しの旅」に出る、というロードムービーは 枚挙に暇がありませんが この時期にあなたが探し当てようとしているのは 「自分自身」ではなく むしろ「この世界」なのではないか、という気もします。 「世界」は、自分が見出すまでは、 どこにもありません。 動き回り、さがしまわって、 「世界」が見出され、 私たちは、その世界のなんたるかを 少しだけ、知ることができます。 2019年が終わる頃、 あなたはそうした「世界」に立っています。 そこは、長い旅の果てにあなた自身が見出した、 自分が立つべき場所です。 (以上、引用しました。) なんだか、今年は、ピントくる気がして、ワクワクします。 石井ゆかりさんの空模様は、なんと、無料で読めるのです。 もしよろしければ、こちらから、あなたの空模様も、見てくださいね。 ↓ ↓ ↓ 2019年の年間空模様。(石井ゆかりさんのサイト)   いつも読んでくださって ありがとうございます       あなたに愛と平和を わたしに愛と平和を マリアレイ

関連記事

ページ上部へ戻る