ブログ

ハワイからのおみやげ〜レフア・ハニー〜あまぁい〜ありがとう!

こんにちは。【女神のインスピコーチ】マリアレイ(R)です。
ご近所カフェのオーナーさんが、恒例のハワイ〜今回は、ハネムーンも兼ねて〜から、帰って来ました。
いつもの時間にカフェに行ったら、ニコニコ、おみやげを手渡ししてくれました。

ここのカフェで、講座のランチをしたり、夕方に、息抜きしたりしています。
その時、ついつい、ハワイ物語を話すこともあって、オーナーが、私のお話を覚えてくれていました。
そして、ホールマートで、ハチミツを、探し当てて、買って来てくれました。
嬉しいです。感謝感激〜ありがとうございます!

これは、レフアのお花のハチミツなんです。
私も、ハワイ島で、探すのですが、うまく探せなて、(私のとって)幻なんだよね〜。
と、話したことがありました。
『レフア』を見つけてくれたんです!
ありがとうございます。

おぉ!
 
確かに、オヒアレフアと、記載されています〜音譜ラブラブ
 
 
赤いレフアの花は、ハワイ島の火山の女神『ペレ』の花として知られています。

ペレが生み出した溶岩の中に、小さなオヒヤの樹が生まれ、その根を、溶岩の細かい隙間に、器用に、一生懸命に、張って行きます。

キラウエア国立公園は、かなり、風雨が激しい場所ですが、そんな中でも、オヒヤの樹は、溶岩の割れ目に、食い込むように育って行きます。

 
 
やがて、長い年月を経て、その根が、溶岩を、少しづつ、少しづつ、砕いていって、溶岩のかたまりを、石に変え、砂に変え、やがては、土に変えていくのだそうです。
 
 
おそるべし、オヒヤのチカラ!

オヒヤの樹に咲く花を『レフア』と呼びます。

有名なペレの神話から成る、この花には、実は、赤以外の色もあります。
 
 
写真が、黄色しか見つからないのですが。。。
 
 
ハワイ島のアカカの滝の大きな公園で、遠くに、オヒヤの巨木が見えていました。

少なくとも、そこには、『赤』『ピンク』『黄色』『オレンジ』のレフアが、空の高いところで、風に揺れていました。

美しい光景でした。
 
 
写真を探していたら、レフアのレイの写真があったので、珍しいので、載せておきますね。

多分は、生花ではなく、リボンレイだと思います。

作ってみたいので、自分へのメモに、ここに載せておこうと思います。


さて、私は、ハワイ島のキラウエア火山で、ある日、溶岩の裂け目に、美しい、小さなレフアが咲いていました。

その花を、パシッとして、(ごめんなさい)、数滴の蜜が、手のひらにとまりました。

その小さな滴を、ペロッと、口に含むと、なんとも言えない、可憐な甘みがありました。

その日から、ずっと、レフアハニーを探してみたのですが、なかなか、売っているのを見つけられなかったのでした。
 
 
『へぇ〜、そんなに、見つからない珍品何ですか?』
 
と、聞いていたカフェオーナーが、ホールマートの、大きなハチミツ売場の、たくさんの棚の中から、探し出してくれました!
 
しかも、熊さんに入っています!
 
可愛い〜音譜ラブラブ
 
本当に、アロハを感じるおみやげに、感謝感謝です。
 
 

このボトル、白いお花のレイも、可愛いです。

 
レフアのハニー〜ありがとうございます!

 

いつも読んでくださって
ありがとうございます  
 

 

あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
マリアレイ


関連記事

ページ上部へ戻る