ブログ

【退位礼正殿(たいいれいせいでん)の儀(ぎ)】を見ていて、深い祈りを感じました

こんにちは。【女神のインスピコーチ】マリアレイ(R)です。 4月30日、5時から始まった、NHKのテレビ中継を見ていました。 天皇陛下の退位の【退位礼正殿(たいいれいせいでん)の儀(ぎ)】です。 天皇陛下の後に続いて、三種の神器の勾玉と剣が続き、その後に、皇族の方々が続きます。 安倍内閣総理大臣の感謝の言葉が終わり、天皇陛下の最後の言葉がございました。   天皇陛下の最後のお言葉です。 『今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。  ただいま、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く、謝意を表します。  即位から、30年。  これまでの、天皇としての務めを、国民への深い信頼と、敬愛をもって、行い得たことは、幸せなことでした。  象徴としての私(わたくし)を受け入れ、支えてくれた国民に、心から、感謝します。  明日からはじまる、新しい、令和の時代が、平和で、実り多くあることを、皇后とともに、心から願い、ここに、わが国と、世界の人々の、安寧(あんねい)と、幸せを祈ります。』   静かに儀式は滞りなく終了して、また、静かに、退出してゆかれました。 松の間の扉の前で、静かに、軽く会釈をなさるお姿に、私の心の中には、 天皇陛下に、深い、感謝が湧き上がって、感無量になりました。 本当に、ありがとうございました。 そして、平成は、良い時代だったのだと思いました。 多くの国民が、リアルタイムで、聞いていたのだと思います。 私は、今日という日に、感謝し、多くの人々とともに、天皇陛下のおっしゃった祈りを、ささやかながら、ともに、祈りたいと思いました。 5月1日からはじまる、新しい、令和の時代が、平和で、実り多くあること そして、日本と、世界の人々の、安寧(あんねい)と、幸せを祈ります。

関連記事

ページ上部へ戻る