ブログ

ホノルル~ ビショップ・ミュージアム~(後半編)

o0500037511841925874

こんにちは。
マリア・レイです。


今日は、ホノルルにあります「ビショップ・ミュージアム」の後半編です。

ご興味のおありになる方がいらっしゃって、リクエストがありましたら、もう少し、続編も書こうと思います。


特に、リクエストがないようでしたら、今回のハワイ旅での「ビショップ・ミュージアム」は、この2回でおしまいにしたいと思います。

o0500037511841925874


 本館は3僧になっています。

一番、上の階から見下ろしてみました。

中央に展示されているのが、「KU(クー)」です。

t02200293_0375050011841922870

マナカードにも「KU(クー)」のカードがあります。
「KU(クー)」は、ハワイの4大伸のひとりです。

戦いの神です。


「KU(クー)」の彫像は、世界に3体しかないそうです。


その中で、ハワイに残っているのは、この1体だけとのことでした。


わたしが、まだ、幼いころ、父が仕事の集まりで、ハワイへ旅行した時、兄弟全員に、この「KU(クー)」の人形を買ってきてくれました。


今も、どこかにしまってあります。


不思議な顔の人形が、子供心に、笑っているのか、怒っているのか、妙にかわいいかな?と、思ったのを覚えています。

t02200165_0500037511841925871

最初の写真の左下にあるのが、双胴のカヌーです。

このカヌーで、太平洋のポロネシアントライアングルを航海したのかな?

遠洋を航海するには、もっと、大きなサイズのものだったと思います。

t02200293_0375050011841922868

アリー(王族)のマント

t02200293_0375050011841922867

このマントは、鳥の羽根で作られています。

 

鳥は空を飛びます。

 

人間の頭上を飛ぶ鳥の羽根で作られたマントは、王族の象徴でした。


t02200165_0500037511841925870

このマントをつくるための鳥は、今は、もう、絶滅種だそうです。

黄色の部分は、実は、黒い鳥から羽根を集めて作ってあります。

ピントがボケた写真ですみません。

この黒い鳥の羽のつけに部分に、黄色の羽根が生えています。

この鳥の羽根が生え変わる季節に、この鳥を捕まえて、この羽根の付け根の、黄色の羽根を少し取って、また、その鳥を放しました。

なので、黄色のマントを作るには、10年以上もかかったということでした。

「ALOHA(愛)」なマントなのですね。

その他にも、マナカードに出てくるほとんど、様々なものが、展示されていました。

ホノルルに行った時には、必ず、毎回、訪れようと思いました。

 

ここへ来るために、ハワイ島から直帰じゃなくて、これからは、ホノルルも何泊かしようかな?と、思ったほどです。

t02200165_0500037511841925873

さて、本館を出まして、右へ歩いて行きますと~


t02200165_0500037511841925872

この建築の2階に、日本移民資料館があります。

日本人しか、見学していませんでした。

日本人移民の歴史については、もっと、学びを進めてから、いつか書くかもしれませんが、今は、ほんの少し、ご紹介にとどめたいと思います。


t02200165_0500037511841927081

当時の生活品が展示されていました。


t02200293_0375050011841927080

これを持って、ハワイへ移民なさったのでしょうか?

 

剣道の竹刀は、展示にありませんでした。

よく、ハワイへいらっしゃる方とお話ししていましたら、アロハシャツは、日本人移民の発明品だそうです。

和服(着物)の生地で、シャツを仕立てたのが、その起源なのだそうです。

ハワイは、今は、日本人3世の時代になっています。

壮年期に入りつつある3世の方は、ほとんど、日本語はわからないそうです。

2世の方は、日本語と英語の両方を話される方がほとんどなのですが、3世のみなさんは、日本語学校に通って、日本語を学んでらっしゃいました。

混血が進んで行くと、家庭内でも、みんなで英語を話されているということなのだそうです。

ハワイ島でお世話になったポハクさんのふたりのお子さんも、日本語は全くわからないとおっしゃっていました。

実際に、子供たちと、ポハクさんは英語で会話をなさってみえました。

さて、「ビショップ・ミュージアム」を見学した夜に、ポリネシアン文化センターで、お食事とショーを楽しみました。

ここへは、一度、来てみたかったので、目的を果たして、満足しました。

ハワイの旅のご紹介は、これでおしまいかな?

もう少し、余談を書くかもしれません。

今日も、良い一日をお過ごしください。

 

あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
Maria Lei

関連記事

【レムリアの愛 マリアレイ】ほぼ毎日、ALOHAメールマガジンは、 【レムリアの愛 ALOHA】で自分も自分のまわりもハッピーに生きる。レムリアン瞑想™を実践する瞑想家、レムリアンヒーラー、そしてヒーリング・メンターとしてヒーラーズ・ヒーラーをミッションとするマリアレイが、毎日のアロハ(愛)をほぼ毎日、ほぼ深夜に、お届けするメールレターです。
ページ上部へ戻る