ブログ

石井ゆかりさん〜2018年筋トレ年報が出ました!!〜マリアレイは牡羊座の空模様を必読です!

こんにちは、マリアレイです。
あなたの中に眠る『女神』の遺伝子の目覚めをサポートします。

2018年石井ゆかり 筋トレ 年報はこちら

毎年、ご紹介しているのですが、いつも、とっても、人気なので、こちらで、シェアしておきますね。
マリアレイは、牡羊座なので、今年は、牡羊座の2018年をシェアしています。
他の星座の方は、上記をクリックして、読んで見てくださいね〜音譜

 

牡羊座:「統べる」(すべる)

2018年の牡羊座をめぐる星の動きを眺めていて
まず思い浮かんだのがこの言葉です。

日常的には
「統率」「統一」「統括」
などのような形でよく用いられます。

「統」には、
まとめあげる、おさめる、つながる
などの意味があります。

この「統」という文字は、
より糸を表す糸偏と、

肥った人、あるいは人が育つということからくる
「充ちる」という部首からできています。

たくさんの糸をより合わせて一本の糸を作る、
という文字なのです。

「統べる」という言い方は、
「一国を統べる」のように用います。

たとえば、日常的に
お店を開いたり家庭を持ったりしたときに
「これで一国一城の主となった」
などという言い方をします。

いろいろな人がいて、
色々な条件があって、
成長があって、変化があって、
それらひとつひとつの細い糸を、
全体として一本により合わせてゆく。

私たちは生活の中で、
ささやかでも結構色々なものを
自らの手で「統べて」いるのかもしれません。

チームや仲間、家族などをまとめることも
「統べる」ことですし、

自分個人に関しても、もしかすると
人生を統べる
自らを統べる
などと言うことができるようにも思われます。

というのも、私たちは
「自分で思うように自分を動かせているか」というと
決してそうではないからです。

自分の中にたくさんの、バラバラの自分がいて
それらを統率し、とりまとめて、なんとか
「一人の自分」としてのあり方を作っています。

思ってもいないことをなぜかうっかり口に出してしまって
後で謝りにいったり、

衝動買いした物に全く興味が持てなくなったり、
考えがまとまらなくて立ち往生したり、

といったことが起こるのは、
自分の中に何人も自分がいて
そのまとまりがなかなか、保てないからなのかもしれません。

意見も価値観もバックグラウンドも違う国民達を治める王様のように、
私たちもまた、
自分自身を、自分の生活を、
なんとかひとつにまとめていこうとして
日々、四苦八苦しているところがないでしょうか。

2018年、牡羊座の人々は、
様々な場を「統べる」ことになると思います。

文字通り、組織や集団を統率する立場に立つ人もいるでしょう。

これまでよりも重い権力と責任を引き受けて、
人のために敢えて「上に立つ」ことになるかもしれません。

あるいは、例えば子供や家族を持つことも
「統べる」ことに繋がります。


決して思い通りにならない人々の生活を
何とか一つの集団としてまとめていこう、という営為は
どんなに小さくても
たとえ2人だけの世界であっても、
簡単なことではありません。

最高の選手だけを集めて作ったチームが
ひとりひとりはそうでもないようなチームに
負けてしまうことがあります。

統べる、統率する、ということは
全体の力を強めると同時に
一人一人の構成員から新しい力を引き出すことにも繋がります。

非常に力を持った人々を
その力を活かせるように、導くことになるかもしれません。

あるいは、誰かの持っている宝物を
その価値が真に生きるように、
マネジメントすることになるのかもしれません。

自分一人の力をどう活かすか、ではなく
人々の力をどう引っ張り出し、まとめあげ、
もっと大きな力に作り替えていくか、ということが

あなたの大勝負として
目の前に据え置かれるのかもしれません。


さらに。
自分自身の中にあるものを「統べる」ことも
とても大きなテーマです。

一つの世界があれば、そこにはかならず、
光と影の両方が存在します。

自分の内なる世界であっても、
完全に善いもの、清らかなものだけで作ることは
おそらく、だれにとっても不可能であるはずです。

この世の中で、
一般に望ましくないとされるギャンブルや飲酒などが
ある程度は許容されているように、

自分自身の中でも
「望ましくはないが、許されなければならないこと」
が存在します。

悪いものをただ押さえ込み、消し去ればいい、
ということでは、「統治」はたちゆかないはずです。

私たちの内側には様々な欲望があって
その欲望からは、外の世界に向かって
多くの手が伸びていきます。

欲望の手に自分自身が飲み込まれてしまうと
だれの幸福にも結びつきません。

でも、欲望が全て抑え込まれたなら
私たちは命そのものを失ってしまいます。

爆発的な欲望は「情熱」と呼ばれることもあります。

あるお店の経営者が、
「起ち上げの大変な時期をこえて、
やっと商売が軌道に乗って、安心してきた頃、
なぜかよく人が辞めるようになった。

その理由を考えてみたら、
経営者である自分が満足しきってしまい、
情熱を失ったからではないか、と気づいた」

という話をしていました。

人を導いていく欲望=情熱、というものもあります。

人の命を飲み込むのもの炎ですが
人を温め、照らし、導くのもまた、炎なのでしょう。

情熱=欲望という炎をどのように「統べる」か、
それは、生きることそのものなのかもしれません。

欲望には「外側からしみこんでくるもの」もあります。

たとえば、人を統率する立場に立って、
最初は純粋に「みんなのために!」と献身していたのが
徐々に、人から推戴されることや
人が従ってくれることが気持ちよくなってきて
最終的に、その快感に「飲み込まれる」
といった現象も起こります。

でも、本人が
「人から見上げられる快感に飲み込まれた」
と自覚しているかというと
そうでもないのが、厄介なところです。

私たちは、内外の欲望に活かされながら、
それに飲み込まれるかもしれない危険に、
常にさらされています。

欲望をあくまで生きていくエネルギーとして使い、
けっしてそれに溺れきらずにいるためには、
どうすべきか。

自分のなかにある善い糸も悪い糸も上手くより合わせて
全体として強く太い糸にまとめあげていくには、
どうしたらいいのか。

2018年の牡羊座の人々は
この難しい問いに、
あくまで自分らしい答えを出していけるのだろうと思うのです。

人を集めてマネジメントする立場や、
国民を治め、臣下を使う王様は、

人の力を引き出し、
人の力を使います。

これが、引き出され使われたその人達の幸福に繋がっていれば
これは、のぞましい統治といえるでしょう。

人の力を引き出してまとめ、使うには、
「なんのためにそうするのか」という意志と、
人に対する絶え間ない働きかけが必要になります。

2018年の牡羊座の人々は、
ある強い意志をもって、
人にたえまなく働きかけてゆくことになるでしょう。

そのことによって、相手に大きな影響を与えると同時に
自分自身もまた、変えられてゆくのだろうと思います。

昨今では「SNS疲れ」ということが言われます。

最初に写真を投稿して、
「いいね!」と評価されたとき、
そこには、純粋な喜びが生まれます。

更にその喜びを得たいと、投稿を重ねるうち、
次第に「嫌われたくない」という恐怖と、
「好かれて嬉しい」という快感とが
自分を支配していきます。

つまりこれは「統べる」ことに失敗した、
ということになります。

自分の心という一つの国を治めることができず、
何か他の力に乗っ取られてしまったようなものです。

恐怖と、快感。

こう書くと何か怖ろしいことのようですが

ダイエットや貯金など、
私たちは日常的に、
恐怖と快感の間でゆれ動いている生き物ではないでしょうか。

2018年は、何が本当に守るべきものなのか、
何が最も心地良いことなのかを、
とことん追求していけます。

これは単に「バランスよく生きる」といったようなことではないようです。

むしろ、ある種のバランスを崩したところに
あなたの新しい「統治形態」が生まれるのかもしれません。

あるいは、今まで否定し続けて来たがゆえに
全体として上手く行かなかった部分を
あらためて救い上げ、肯定し、
自分の一部として認めることができるのかもしれません。

過剰さや激しさも、一つの力だとして
その力を抑え込むのではなく
あくまで「統べる」ことが求められるのだろうと思うのです。

[時期について]

年明けは非常に忙しいでしょう。

上記のことが
どーんとあなたの世界を満たすかもしれません。

すなわち、自分一人の範囲に留まらず、
もっと大きな人々に対して強い影響力を行使しながら、
全体をガンガン導いていく
といったことになるのではないかと思います。

あるいは、大きな目標を掲げ、
それに必要なものを人からもらいうける、
といった動きも起こりそうです。

自分の力という狭い範囲に収めようとせず
あえて他者の方に、自分の野心や情熱を「拡げる」ことが
この年明けの動きの特徴であるようです。

2月から3月は、普段とは違った場所に出向くことになるかもしれません。

遠い場所に旅をしたり、
思索のために図書館や自室にこもったりと、
普段接している人や第三者から
「見えない場所」に、一時的に移動する人が多そうです。

この時期精力的に勉強を始める人もいるでしょう。

ここで学び始めたことは、少々フライングですが
2019年に跨がって、あなたの頭の中の
「メインテーマ」となっていくかもしれません。

3月から4月は、年明けに負けず劣らず
とても忙しい時期となっています。

大きな目標を目指す時期ですし
チャンスを掴む人、ミッションを引き受ける人もいるでしょう。

社会的立場が大きくかわりやすい時でもあります。

ただ、そのプロセスの中で
あなた自身、過去の経緯を一通り、振り返る必要があるかもしれません。

振り返りの中から、掘り起こすべき金塊が見つかりそうです。

また、4月は経済的にも嬉しいことがあるでしょう。

5月は星座を問わず、大きなターニングポイントとなりやすいタイミングです。

特に牡羊座の人々にとっては、
「自分というあり方からの解放」のプロセスが
一段落するようなタイミングに当たっています。

2011年頃のセルフイメージ、アイデンティティを思い起こすと
今現在とは全く違っていると感じられるのではないでしょうか。

私たちは、プライドや自意識、見た目など
「自分」に縛られて生きている部分があります。

そうした「自分」のイメージから自由になろうと
過去数年間、努力してきた人が多いのではないかと思いますが
このあたりで、そうした試みがそろそろ、
成功しつつあることに気づかされるはずです。


5月以降、「仲間との関係」を意識する場面が増えるかもしれません。

チームや交友関係、ネットワークを
どのように運営すべきか、というテーマが
あなたの手にゆだねられるようです。

5月後半から6月は、フットワークよく動けそうです。

出会った相手を自軍に加える、といった動きも活発になります。

6月はとても楽しい季節です。

愛も大いに盛り上がりますし、
クリエイティブな活動も活性化するでしょう。

ここから8月にかけて、
過去の趣味や遊びを思いだし「復活」させる人も多そうです。

また、自分のクリエイティビティを「発掘」できる時期でもあります。
眠っていた才能が開花するかもしれません。


7月はさまざまな「集団」との関わり方が変化するかもしれません。

家族から組織まで、様々な人の集まりの中で
あなたのポジションや役割ががらりと変わるようです。

8月はゆたかな人間関係に恵まれます。

かなり忙しくなる時期ですが、
パートナーシップやチームワークに恵まれ、
非常に生産性の高い時期となるでしょう。

年明けに掲げた目標に、ぐっと近づけるようです。

9月は調整役としての動きを求められるかもしれません。

仲間や交友関係において熱い展開が起こる気配がありますが
そこに「手をかしてくれる」人も現れます。

さらに、9月から10月にかけて、
かなり大きなものを「受け取る・受け継ぐ」ことになるかもしれません。

物質的なギフトの可能性もありますし、
仕事や役割を「引き継ぐ」人もいるでしょう。

また、誰かの財を所有者に変わって運用する役割を担う人もいそうです。


10月は夢に向かって熱いアクションを起こせる時です。

かなり自由な動きができる気配もあります。

ボランティアなど、
非営利の活動に足を踏み入れる人もいるかもしれません。


11月は2018年の中でも大きめの転換点の1つです。

牡羊座の人々はここから「旅と学び」の季節に入ります。

文字通り「旅に出る」人もいるでしょうし
学校に入って学び始める人もいるかもしれません。

遠く移住する人もいそうです。

行動範囲が広がり、未知の人々と出会える1年が始まります。

この月は特に、懐かしい場所に帰る人も多いでしょう。


12月は9月頃から始まった
「大切なものを受け取る」というプロセスを
完成させるような作業が生じそうです。

クリスマスのギフトやお歳暮は
かなりスケールの大きなものになるかもしれません。

受け取ったものが、
自分と相手を利する、とうう流れを
あなたの手で作って行けそうです。

とても豊かな年末となるでしょう。


[愛について]

非常に濃密な、濃厚な年です。

損得では計算できない愛の交流を、
こってり味わう人が多いでしょう。

限りなく官能的ですし
自分と相手のあいだにあるはずの境界線が曖昧になり、
その融合の中で、
かつて経験したことのないような感情を得たり、
新しい自分に生まれかわったりできそうです。

深く愛し合うと、人はお互いに影響を与え合って
少しずつ変わっていきます。

その変化の振り幅が、
2018年は非常に大きいかもしれません。


1月と7月は、ドラマティックな出会いや、
恋愛の急展開が起こりやすいタイミングです。

さらに、8月から年末にかけて、
愛が大きく進展します。

2017年はパートナーシップにスポットライトが当たっていましたが
2018年も、特に後半は、
パートナーを得たり、結婚したりする人が少なくないはずです。

かなり強い追い風が吹き続けます。


パートナーシップを考える上で、
価値観や経済活動に関するすりあわせは、
この時期、とても大きな意味を持ちます。

疑問を感じたらしっかり突っ込んでおくことが必要だと思います。

また、恋愛関係も立派な「人間関係」である以上、
その関係性を分析することも必要になります。

特にこの時期は、主導権や上下関係など、
二人でいるときにごく無意識に、自然に決まってしまう立場性に
目を向ける必要があるかもしれません。


望むと望まないにかかわらず、
私たちはお互いの行動を鏡のようにして
いつのまにか、互いの役割や立場性を作り出し、
それを守ろうとする所があるように思います。

更に言えば、それが窮屈なものであったり、
自尊心を傷つけるようなものであったとしても
愛や安定などと引き替えに、
望ましくない関係性を敢えて変えようとしない
ということも起こります。

2018年は、そうした力関係、立場性というものに
光を当てることができる時期です。

すでに目の前にある関係性が
あなたにとって不自由な、不本意なものであるならば
2018年、それを「構造改革」できるでしょう。


恋愛関係やパートナーシップにおいて
経済力と主導権、支配力は
密接に結びつくことがあります。

さらにそれらは、傷つきやすいプライドとも連携して
簡単には解けないこじれを生み出すことも
決して珍しくありません。

2018年はそうしたこじれに立ち向かえる時期です。

性的な問題、経済的な問題などは
口に出しただけでケンカになる
というような、非常にデリケートな問題です。

さらに、第三者に相談することも難しいので
問題が起こってもつい、抱え込んで
一人苦しみ抜く
ということになりがちですが、

今年はおそらく、
そのことにちゃんと「光を当てる」ことができるのだろうと思います。

これもまた、愛を「統べる」ことにつながるのかもしれません。


【総括に替えて】

素晴らしい喜びにみちあふれるとき
私たちは、まるで悲しんでいるかのように涙を流します。

愛がとてつもなく強く大きくなると
胸は、ぎゅうっと締め付けられるように痛みます。

深い官能の喜びに身を浸しているとき
人は苦悶の表情を浮かべるものです。

よろこびや幸福が大きければ大きいほど
私たちは何か非常に大きなものに触れ、
不思議な「畏れ」を感じます。

2018年の牡羊座の人々は、
そんな、限りなく大きく深いよろこびを得るのだろうと思います。

そして、そのよろこびをどのように
自分の人生という大きな糸として縒りあげていくか、を
考えるのだろうと思います。

簡単に手の中に収まるような物なら
敢えて「統べる」必要はありません。

あなたの生活に喜びや愛があふれんばかりに育ち、
夏の草木のように、燃え上がらんばかりに生い茂ってゆくからこそ
それらをずっと長く活かし続ける方法を探ることが
必要になるのだろうと思います。


以上が、抜粋シェアでした。
 
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
 
自分が生まれた日時で、自分の運命がわかるとしたら、あなたは、それを知りたいと思うでしょうか?
 
昨年、『生命の樹カウンセラー』を取得したのですが、同じ、生年月日ならば、ずっと、学んで来た、そして、それが、自分の人生の分岐点になったものがあります。『ヒューマンデザイン』というものです。昨年、秋頃に、さらに、深く、学び直しました。そして、その基本を教授できる資格を取得しました。2018年は、あなたの人生を、さらに、紐解いて見ませんか?
 
『ヒューマンデザイン』の基本チャートを読み解くセッションと、あなたが、自分で自分のデザインがわかるようになるための『Living Your Design』という授業を開催していこうと思っています。
 
あなたは、あなたの運命に興味がありますか?
 
あなたは、あなたの運命を自分で切り開くチカラがあります!
 
今年、あなたの中に眠るそのチカラを、しっかり、目覚めさせていきましょう!
 
詳しくは、無料のメールレターで、準備ができたら、発表しますね!
 
お楽しみに〜ラブラブ

 


いつも読んでくださって
ありがとうございます

 


あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
マリアレイ

関連記事

ページ上部へ戻る