ブログ

【2017年七夕の出雲大社〜ご縁結びの参拝〜写真レポ】その3 お守りと一緒にお祓いの巻



こんにちは、マリアレイです。
 
見ていただくだけでも、心が癒される
〜マリアレイの聖地巡礼の写真レポートシリーズ〜
写真っていいですよねラブラブ
 
Phototherapy(フォトセラピー)の手法を使って、
見るだけで癒される写真ブログを続けますね。
 
こちらは、出雲大社です。
 
いよいよ、参拝です!
 
まず、こちらのお守りをいただく場所で
遠隔ヒーリングをお申し込みくださった
参加者の方の『願い』にぴったりな
お守りを購入しました。



次に、御朱印をいただきました。
 
余談ではございますが、、、
 
全国の社寺仏閣での御朱印は
『300円』なんですね。
 
ここでは、『お志』として、決められていません。
 
なので、500円を収める方も、1000円を収める方もいらっしゃるんですね。
(おつりくださいって言いにくい感じがしますよね。。。)
 
ちなみに、こちらで『平成の大遷宮』への寄付を申し込みます。
こちらは、1000円〜寄付することができますよ〜ビックリマーク



お祓いの時間まで、鳥居の外へ回って見ました。



これは、有名ですよね。大国主命です。





さて、お祓いを受けに戻ります!



浄掛(きよかけ)をかけます。
浄掛をかけることで、正装とみなされるのですね。





マリアレイも浄掛をかけて、正装参拝をさせていただくことができました。
 
最初に、お祓い殿に参上し、お祓いを受けます。
 
この時、最後の祝詞を奏上くださった時に、なんと、天上から倍音が降ってきました。
 
オペラハウスや、教会で、倍音が設計されている建築での体感はあるのですが、日本建築の中で、倍音が降ってきたのは、あまり記憶がありません。
 
出雲大社は、何かが、違う!と、感じました。
また、参拝しようと思います。
 
このお祓いの後、神職に伴われて、本殿に向かいます。
そして、御垣内に入って、本殿のお側近くで、特別参拝させていただきました。
 
お祓いしていただいたお札です。
自宅の神棚に供えます。



御垣内に入る門には、守衛さんがいらっしゃいました。
そこから出て、すぐのショットです。








本殿の前には、赤い丸が3つ。
それが、4箇所に配置されています。
 
これは、なんでしょうか??




これは、心柱があった場所なんです。
 
発掘調査によって、ここに、この大きさの『心柱』が発見されました。
発掘当時、まだ、ちゃんと、木材の心柱は残っていたのです。
この発見から、元々の出雲大社は、天空にそびえる高さがあったと計算されています。
この後、この発掘された心柱が保管展示されている場所へ、行ってきました。
 
出雲大社のミステリーですね。
 
 
 

 


いつも読んでくださって
ありがとうございます

 


あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
マリアレイ

関連記事

ページ上部へ戻る