ブログ

心氣に気づいて、心氣を治す治療法を学び始めました!

 
こんにちは、マリアレイです。
 
札幌で、生命の樹カウンセラーになった時に、先月から、咳が出て、小西温子さんが、のど飴を差し入れに買って来てくださったんですね。その時に、『マリアさん、その咳の原因は、多分、心臓なんじゃないかと思う。』と、おっしゃるのです。
 
『咳』の原因が『心臓』だなんて。。。
 
と、その時は、疑問を感じたのでした。3日間の集中講座が終了し、札幌駅まで送ってくださった時に、別れ際に、また、咳が出て、『もう、この咳を治してくださる方がいたら、、、』と、つぶやいてしまいました。すると、小西さんが『大阪の山本先生』と教えてくださったのでした。『でも、すごく、予約が取りにくいと思いますよ。』ということでした。
 
私は、大阪へ帰宅した夜に、インターネットで、教えていただいたキーワードを打ち込んで調べてみました。すると、私が、箕面桜井へお引越しして来て以来、新しい氏神さんまでお散歩しているお散歩道の途上に、その治療院はあったのでした。しかも、診療は、月1回、金土のみと書いてありました。それが、金曜日の夜のことでした。あくる朝、土曜日の朝に、予約の電話をかけてみますと、なんと、その日の13時に予約の空きがあるということでした。
 
早速、テクテク歩いていきますと、5分くらいで、その先生の治療院へ到着しました。普通のご自宅で治療されていました。大きな邸宅は、庭が広くて、マリアの実家にもあったパームツリーが風に葉っぱを揺らしていました。
 
 
 
 
不思議な診療は、30分ほどでした。
 
先生は、淡々と、こう、お話になりました。
 
咳や体調の異常は、『心臓』に起因しています。でも、根本的には、『肝臓』に問題があります。まずは、『心臓』をよくしてから、しっかり、『肝臓』に取り組んでいきましょう。
 
40代の初めに、何か、人生に失望してしまうような事件はありませんでしたか?それまでの人生にはなかった、何かが起きて、意気消沈してしまったという何かに思い当たりませんか?ロおっしゃるのです。最初は、ないように思ったのですが、そういえば、42歳の時に起こった様々なことを思い出しました。もう、過去のことだったので、すっかり、癒されて、記憶の引き出しにしまったままになっていました。振り返って考えてみますと、この体調の不調となる『咳』は、その頃から、コンコンっと発症していました。
 
意気揚々と生きて来て、ある時、大きなショックがあって、生きる気力の元となる『心臓』の『氣』、これを『心氣』と呼びます。この『心氣』が、落ちたんですね。それで、体調がおかしくなったんですですね。会社を早期退職されて、一度、『心氣』は、少々の回復を見たわけですが、自宅を売却したことが、また、大きなショックとなって、『心氣』が落ちてしまったんでしょうね。まずは、『心臓』に『氣』を戻す治療から始めていきましょう。
 
そもそも、『肝臓』が問題ですので、『心臓』を治したら、次に『肝臓』を治していきましょう。
 
と、穏やかにおっしゃって、簡単な自分でできる、日頃のケアを教えてくださいました。
 
『レモン』のアロマオイルはお持ちですか?
 
(マリアは、2月に、doTERRAアロマを始めたので、飲めるアロマオイルが、たくさん自宅にあります。もちろん、『レモン』もあります。)
 
『レモン』のアロマオイルを持ち歩いて、お水に入れて飲んだり、サラダに、滴滴して食べたりしてください。『レモン』のアロマオイルは肝臓に良いのです。心臓のためには、手のひらの中心をマッサージして見てください。心臓の調子が悪い時には、手のひらの真ん中が、赤黒くなっています。自分の親指で、こまめに、マッサージしましょう。それから、塩分の取りすぎには、注意が必要です。塩分を摂りすぎたな〜っと思ったら、バナナを半分、食べてください。
 
マリアさんは、『パン』がお好きではないでしょうか?
 
(そう! マリアは、パンは、大好き!!)
 
実は、『パン』は、肝臓にとっては、『ビール』と同じことなんです。『パン』を食べると『ビール』を飲んだのと同じことになります。マリアさんは、アルコールを1滴も飲まないのに、肝臓が問題だというのは、『パン』のせいかもしれませんので、できるだけ、『パン』は控えてみてください。
 
では、今日は、ここまで。また、次回の予約を取りましょう。
 
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-
 
こうして、タイムリーにお会いできた先生との、(マリアにとって)衝撃の治療は終了しました。
 
『パン』が『ビール』と同じことって。。。ご存知だったでしょうか??
 
それにしても、『咳』の原因が『心臓』にあったとは、驚きでした。
 
だいたい、マリア、自分でも、時々、心臓に毛が生えてるんじゃないだろうか?と、大胆な決断をして、しっかり、それを進めていくことができます。だからこそ、今、ここにいるような気がしています。先生は、やわらかに笑って、『勇敢』『正義』ということと、心氣が落ちたこととは、また、別なんですよ。自分の人生を自分で閉じたくなるような、がっかりした時に、心臓の氣が落ちてしまうことは、まま、あることなんです。それに気づいて、心氣を心臓へ戻すことが大事です。という先生のお話に、腑に落ちることがあるマリアでした。
 
42歳の時に、いろんなことが重なって、大変な夏がありました。40日間で、知らない間に、体重が15Kg落ちていて、ある日、スカートを履いたら、ストンと、床に落ちて、それで、やっと、自分で、痩せたことに気がつきました。会社の同僚は、あまりにも、毎日、痩せていくので、怖くなって、心配だけど、声をかけられなくって、普通に、話しているけれど、体重の減少については、言えなかったと言っていました。自分で、15Kg痩せたことに気がついて、そのことを、周りに話した日から、なんと、毎日、1Kgづつ、体重が戻っていきました。そうなって、みるみる回復していくのをみて、会社の仲間は、『せっかく、スレンダーで、めっちゃ、かっこいいのに、またまた、ふっくらは、もったいない気がするぅ〜ちょっと、その辺で、止められないの?? 元に、戻り切ったら、もったいないよ〜』とか、言っておりました。
 
そんなピンチがあったことなど、すっかり、忘れておりました。
 
ヒーラーになったマリアレイは、とっても、毎日が、しあわせなんですもの。
 
ハッピーとともに、目覚める毎朝に感謝です。
 
さて、『心氣』を戻して、さらなる飛躍を目指したいと思います!
 
どこまでも、ポジティブなマリアレイなのでした。あはっ!
 



いつも読んでくださって
ありがとうございます

 


あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
マリアレイ

関連記事

ページ上部へ戻る