ブログ

わたしのHAWAI’I~Ⅰ

t02200391_0480085411620182825

こんにちは。
マリア・レイです。

2011年11月、4泊6日でハワイに行きました。
しかも、団体旅行です。

わたしにとって、団体で旅行するというのは、あまりない経験でした。

国際コミュニオン協会の「至福瞑想セミナー」に参加してきました。
鈴木秀子先生がご指導くださるハワイでの瞑想セミナーは、とても貴重な体験になりました。

このブログへお立ち寄りいただいたみなさまのご縁に、こころから感謝しています。
みなさまのことも、ハワイで瞑想しお祈りしてきました。

わたしには、10年来の悩み、迷い、ネガティブになろうとするこころの闇の部分があるように感じています。いつまでも、このままではいけない。と、思ったわたしは、昨年の夏から、様々な挑戦を重ねて来ました。

その挑戦の最初のきっかけが、鈴木秀子先生との出会いでした。

東京青山での講和会へ出席し、鈴木先生から「セミナーへいらっしゃいね」と言っていただいた時、ものすごく素直に「はい。参ります」とお返事ができたのです。そのあと、席に戻って、なぜだか、感涙しました。大人になって、お仕事で、どんなことがあっても泣かないわたしです。女の武器なんて、一度も使わずに、平然と、淡々と、黙々と、そして平静だけれども情熱的に仕事をしてまいりました。そんな日常からは、考えられないほど、大泣きしました。。。会場には、きっと、何百人といらっしゃたのですが、みなさん、そんなことには慣れていらっしゃるご様子でした。みんな、普通に、大泣きして涙が止まらないわたしを「そっと」しておいてくださったのです。
なんだろ。。。この感覚は。。。
居心地が良かった。。。ということと、うまく表現できないのですが、ありがたかったのです。
そして、随分、ひとりで泣いた後、「すっきり」しました。
まるで、今、ここで生まれ変わったような気持ちがしました。

不思議な感覚でした。

そして、わたしは、鈴木先生の本を次々に読み、講和会へ通い、瞑想セミナーに参加するようになりました。

この最初の講和会のお話が「ホ・オポノポノ」だったのです。
わたしのハワイへの学びは、ここから始まりました。

ハワイを学ぶことで、わたしのこころは、生き返ってきたように感じています。
このブログを通じて、お声をかけていただいたり、励ましていただいたり、教えていただいたりしながら、わたしの日常生活は、落ち着きを取り戻してきました。

この場をお借りして、こころからの感謝を申し上げます。

この1年間で出会った「ホ・オポノポノ」「マナ・カード」「ハワイ語」は、いづれもネガティブなカードがありません。物事は、必ず、裏表があります。だから、カードをネガティブに読むこともできるのですが、常に、ポジティブに読んでいきます。(もちろん、そのネガティブな背景を理解したうえで、と、なってまいります。)

このハワイの旅で、わたしは、いろいろなことを感じました。

これからも、このブログには、ポジティブな側面を書いていこうと思っています。
このブログをご訪問くださった方が、「あぁ、読んでみて、よかったな~」「なんか、あったかい気持ちになったな~」「楽しいな~」と、感じていただけるような、「幸せ発信ブログ」になっていきたいと思っています。

もし、良かったら、ペタしたり、コメントしたり、メッセージをくださると、マリアの励みになります。そして、マリアの中の「幸せ度」がアップしていきます。マリアのこころは、読者様の愛に支えられていると感じる今日この頃です。

感謝をこめて~ありがとうございます。

さて、わたしは、JAL76便の機内で出発時にマナカードをひいてみました。
「このハワイで、何を得る旅になりますか?」

カードの答えは「MANA(マナ)」でした。

そして、ホノルルに着陸時に、機内でもう一度、マナカードをひいてみました。
「このハワイへ無事に着陸できました。ありがとうございます。」
「今日のテーマはなんですか?」

カードの答えは「PUEO(プエオ)」=「導き」でした。

この旅は、「「MANA(マナ)」に導かれ、「MANA(マナ)」が、たくさん、わたしの中に蓄積される旅になることを確信して、ホノルルに降り立ちました。

この旅で、何かが「変容」することになると思います。

あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
Maria Lei


関連記事

【レムリアの愛 マリアレイ】ほぼ毎日、ALOHAメールマガジンは、 【レムリアの愛 ALOHA】で自分も自分のまわりもハッピーに生きる。レムリアン瞑想®を実践する瞑想家、レムリアンヒーラー、そしてヒーリング・メンターとしてヒーラーズ・ヒーラーをミッションとするマリアレイが、毎日のアロハ(愛)をほぼ毎日、ほぼ深夜に、お届けするメールレターです。
ページ上部へ戻る