ブログ

【春日大社 第60年次式年造替 正遷宮】連載2 灯籠に見る人生?!

こんにちは。
マリアレイです。
 
春日大社といえば お盆の万燈籠が有名です。
 
今回は、春日大社 第60年次式年造替 正遷宮に因んで、特別に万燈籠が行われました。
 
この釣灯籠には、ひとつひとつに、寄進した方の名前や日付が記されています。
 
誰を供養するために寄進したのか?
 
古人の、様々な思いに、火が灯されています。

お昼間には、太陽の光を浴びて、本堂の白壁に影を描いて揺れていました。

o0480036013796938811

こちらは、比較的、新しい、金色の灯籠ですね。

 

o0480036013796938823

 

o0480036013796938826

 

o0480036013796938831

 

こちらには、古人の灯籠が並んでいます。
 
江戸時代の年号や名前が記されていました。
 
 
o0480036013796938837
 
o0480064113796938847
 
 
日暮れとともに、釣灯籠に火が灯されると、境内は、幽玄の世界に一変します。
 
 

o0480064113803610087

 

o0480036013803610099

 

o0480064113803610111

 

o0480036013803610125

 

o0480036013803610140

 

o0480036013803610149

 

o0480036013803610158

o0480036013803610164

 

o0480036013803610171

 

o0480036013803610188

 

 

暗闇に目を凝らしたとて。。。
 
お気づきでしょうか?
 
昼間の金色の灯籠がどれか?
 
まったく、区別がつきません。
 
昼間の太陽の光に照らされてこそ、その灯籠の色が何色で、どんな素材なのかが、見分けられます。
 
漆黒の夜の闇の中では、灯籠の内に灯した光だけが、内側から光を放って、そこにある灯籠の存在を報せています。
 
もし、人ひとりが、この一基の灯籠だとしたら。。。
 
闇夜に、真っ暗な中で、自分のハートに情熱の火は灯っているだろうか?
 
もし、暗闇を照らす火になりたい時に、わたしは、どのようにして、情熱の火を、自分の内に灯すことができるのだろうか?
 
わたしにとっあは、それが、メンターのそんざいであり、瞑想のチカラだとかんじたのでした。
 
さて、最後に、マリアレイは、奈良女子大学に学びましたので、学生時代、帰省しなかった友人たちと、お盆の万燈籠を参拝していました。
 
マリアレイの父は、戦時中に奈良に疎開してしたので、奈良への想いは格別の様子でした。

ある秋の日に、大学の文化祭に、父がやってきてくれたことがありました。

大学から東大寺まで、父と私は、軽く腕を組んで、お散歩しました。

私は、軽く腕を組んで、お散歩するのが好きでした。

そんな中、春日大社の万燈籠の話をすると、父は、ふと、こう申しました。

『万燈籠は、ずっと、後世に残っていくね。お父さんも、一つ、寄進してもいいかもしれないね。いつか、そんな夢ができたよ。』

そう話していましたが、そのまま、逝ってしましました。


ある日のこと、私は、父の3回忌に、春日大社さんへ、お電話したのです。

春日大社さんには、灯籠専門の部署があり、釣灯籠は、一基づつ、デザインから起こして、打ち合わせしながら作っていくのだそうです。


その当時で、1基、200万円というお話でございました。

生涯に、父との約束を果たしたいものでございます。

春日大社 第60年次式年造替 正遷宮に万灯籠を参拝して、その日のことを、懐かしく、ありありと思い出したマリアでした。


時空を超えて、ここには、深い思い出が残っているようでした。


あなたに愛と平和を
わたしに愛と平和を
マリアレイ

関連記事

ページ上部へ戻る