ブログ

ハワイ島~マナ・カード マスターコース 3日目♪

Aloha !
マリアレイでございます。

さて、リトリートに宿泊して3日目のマナ・カード マスターコースでございます。

実は、前日のキラウエアでの、マダムペレへの儀式の夜に見る「夢」が、大切なのよね~っと、アロヒナニさんがつぶやくように言ったのを、マリアは、ちゃんと、聞き逃しませんでした。

マリアは、たいていの場合、あまり、夢を覚えていないのです。

マリアの卒論は、「ヒトの睡眠中の体温変化がもたらすサーカディアンリズムへの温熱生理学的アプローチ」というものでした。

体温の概念って、今では、当たり前に体温計で測りますね。

ヒトの体温は、計測部位で体温が違うことは知られていましたが、実は、1日の中でも、ひとりの人間の体温が変化しているということを突き止めて発表したのは、ドイツ人、アッショフ博士でした。

このサーカディアンリズムについては、今では、常識のように、良く知られています。

わたしが、卒業論文を書いた時点では、まだ、英語のペーパー(論文)しかない時代でした。

毎朝、様々な英語の論文を読み込むところから始めて。。。

もっと、語学力が欲しいと、ほんとうに思ったことを思い出します。

そのアッショフ先生の最後の弟子といわれていたのが、当時、奈良女子大学におられた、登倉尋実教授でした。

ゼミ生の時代に、奈良にいらっしゃったアッショフ博士から、直接、サーカディアン・リズムの論文の講義を受講する好機にも恵まれました。

その登倉ゼミで卒論を書きましたので、睡眠と夢の関係は、学術的にも、ある程度、承知しています。

そして、夢をあまり見ないことが、なぜなのかも、よく、承知しています。

そんなマリアなので、この日の夢だけは、見たかったんですね。

寝る前に、どうか、今夜の夢だけは、目覚めた時に覚えていることができますように。

っと、まるで、子供のように、真剣にお祈りをいたしました。

その甲斐あって、お陰様で、なんとか、夢を覚えていました。

目覚めてすぐに描けるように準備しておいたスケッチブックに、飛びついて、クレヨンをどんどん使って、一気に、その夢を描きとめました。

マリアの宝物です。

その夢は。。。。

マリアは、ポハク西田さんと、一緒に行った、植樹の、広大な丘の上にいました。

 

そして、自分の星影と一緒に踊ったり、一緒にいる誰かと語り合ったり、楽しくしあわせな、ピースフルなあたたかい時間を過ごした感覚がありました。

早朝の澄み渡った空に、昨日、みんなで見た、大きなダブルレインボウがかかりました。

 

明け方に、明けてゆく空の諧調(かいちょう)が、虹の中へ、またたく星たちを、順々に、包んでいきました。

夢見るように、だれかとあたたく、その星のひとつひとつに、「ありがとう」「愛してるよ」っと、祝福のブレッシングを歌っているマリアのまわりで、小さな花たちが、風に揺れて笑っていました。

。。。。。。。

夢中になって、スケッチブックに描き終って、あわてて、シャワーへ~そして、濡れた髪を乾かしながら、芝生へ集合しまして、今朝も、朝日に祝福のチャントから始まって行きました。

そして、またまた、スコールで濡れて、そのあとに、大きな虹に歓声をあげながら、朝食の場所へと、濡れた芝生を踏みながら~それも、含めて、なにをやっていても、すべてが、楽しかったのでした。

さて、この楽しいリトリート・センターでございます。


t02200293_0800106712746323027

果たして、リトリートって、どんな意味でございますでしょうか?

「retreat(リトリート)」

退却。撤退。後退。

隠居。避難。また、隠居所。隠れ家。避難所。仕事や家庭などの日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所などを指す。

ハワイの一般的なイメージ~「リゾート」とは、まったく趣(おもむき)が異なるようです。

このハワイ島のリトリートでは、一瞬一瞬が、自分に向き合い、自分って誰?~っと。。

まさに、シェイクスピアの有名なセリフのように、「Who am I ?」に浸る毎日でした。

そして、自分を深く知って行く過程で、マナ・カード マスターコース5期生~11名の人間関係も、また、時々刻々と深まって行きました。

そのド真ん中の3日目でございます。

今日は、ふたつのエレメントを進めていきました。

ここに詳しく書けないことが残念ですが、いつか、わたしの「マナ・カード」のクラスへお越しくださいました方と、マナ・カードの学びの中で、具体的に、ここでのワークをシェアしたいと思っています。

とても興味深いワークでした。

マリアは、「マナ・カード」のコースを、日本でも、また、ハワイの島々を巡りながら、海外短期集中コースとしても開催していきたいと思っています。

今回のマスターコースで、「マナ・カード」を、ハワイ島で学ぶことに、大きな意義を感じました。

この大自然の中でこそ、その精神性を完全に、学び取ることができるように感じました。

 t02200293_0800106712746323026

リトリート・センターのすぐ前には、太平洋が広がっています。

今日のエレメントは、「水」と「土」でした。

早速、大きな海に向かって、ワークしました。

t02200165_0800060012746323028

ひたすらに、瞑想し、なにを感じるのか、自分の中を旅していきます。

t02200293_0800106712746323030

土とも対話し、なにを感じるのか、自分と静かに対話していきます。

この日は、夜のワークもしっかりございました。

もう、クタクタでございますが、なんだか、最後まで、楽しくって、この日も、少し、レムリアン・ヒーリング®をシェアさせていただいきました。

レムリアン・ヒーリング®の仲間へは、マナ・カードをシェアし、ここ、マナ・カードの仲間へは、レムリアン・ヒーリング®をシェアしました。

ハワイつながりは、楽しいです。

そして、ハワイ島でのレムリアン・ヒーリング®は、素晴らしいシェアでした。

ハワイ島のエネルギーは、素晴らしいのです。

 

また、戻りたくなります。。。。

さて、明日は、待望のキャサリン・カラマ・ベッカー博士の特別ワークショップです。

この夜、マリアは、水着を着て、真夜中のジャグジーで星を見ました。

やっぱり、カエルたちが、小鳥のようにBGMを奏でていました。

カエルたちと、星々は、どこかで、シンクロしているようにも感じました。

あなたに愛と平和を

わたしに愛と平和を

Malialei


関連記事

【レムリアの愛 マリアレイ】ほぼ毎日、ALOHAメールマガジンは、 【レムリアの愛 ALOHA】で自分も自分のまわりもハッピーに生きる。レムリアン瞑想®を実践する瞑想家、レムリアンヒーラー、そしてヒーリング・メンターとしてヒーラーズ・ヒーラーをミッションとするマリアレイが、毎日のアロハ(愛)をほぼ毎日、ほぼ深夜に、お届けするメールレターです。
ページ上部へ戻る