ブログ

マナ・カード アカデミー~マスターコース5期~プロローグにかえて

Aloha !

マリアレイでございます。

 

ハワイ島への旅の目的の中で、何年か待っていて、このタイミングを逃すと、もう、今度、いつあるのかわからない。。。というものがございました。

 

それが、マナ・カード アカデミーが主催する「マナ・カード マスターコース」でございます。


%e7%84%a1%e9%a1%8c

マナ・カードが、日本へ紹介されて10周年で、このマスターコースが5期ですので、日本で、マナ・カード アカデミーと、キャサリン・カラマ・ベッカー博士が公認している「プロフェッショナル・マナ・カード セラピスト」は、人数的には、まだ、かなり、少ないように思います。

 

Lemurian healing ®の場合は、ティーチャーになったわたしたちが開催するワークショップで認定しますと、ハワイで開催されるマリディアナ万美子さんのティーチャーコースへの参加資格となって、万美子さんやDavid Bowerさんに初対面でも、大丈夫~ハワイでティーチャー資格を取得できるシステムになっています。

 

マナ・カードの場合は、ハワイ島でのマスター・コースを修了しますと、「プロフェショナル・マナ・カード・セラピスト」として公式認定され、修了証をいただきます。

 

マナ・カード アカデミーの主催するコース以外で、認定の修了証は発行されないシステムになっています。

今、様々なスピリチュアル系の講座がございます中で、ほとんどは、プラクティショナーになると、生徒さんへ伝授していくことができる~というシステム体系をとってるところが多いように思います。

 

わたしがセミナーでお出会いしました方たちとお話をしていますと、お知り合いの方からの紹介で、各プラクティショナーさんのマンションなどのご自宅サロンなどで、教えていただき、伝授をうけて、自分もプラクティショナーになりました。っと、おっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

 

マナ・カードは、どうなんでしょうか?

 

わたしたちのように、ハワイ島でのマスター・コースまで行ってみよう~という方が少ないのかもしれませんね。

 

お聞きしておりますと、カードの絵柄が美しいけれど、44枚のカードの意味が難解だと思われる方が多いらしいです。

 

1枚1枚にハワイで伝承されてきた神話世界が描かれていますので、44枚のカードの中にあるハワイ語の深さに精通して行く道のりが、楽しいと感じたり、大変。。。。っと感じたりなさっていくのだと思います。

 

マリア、最初は、マナ・カードではなく、本当は、タロット・カードをマスターしたいと思ったのです。

 

ある年のクリスマスに、素晴らしい海外のタロットカードを数百種類、展示販売されている場所を通りかかりました。そのまま、通り過ぎまして、用事をすませました帰り道、日も暮れて、夜の道を歩いていますと、照明に照らし出されたタロットたちが、わいわいと楽しそうに、わたしに呼びかけているように感じました。

 

もともと、カードが好きだったのかもしれません。

 

お店に入って、タロットの歴史や、作家さんの言葉や、国々によって、まったく、違う絵柄など、順番に鑑賞して歩くうちに、こころ惹かれる絵柄がいくつかございました。

 

クリスマス気分の街の中で、次の予定の時間が迫っていて、こころ惹かれながら、その日は、見るだけでした。

 

1週間ほどして、また、そこを通りかかりました。

 

タロットカードのことは、すっかり、忘れていたですが、その日は、たっぷり、時間があったので、もう一度、タロットの歴史~っと、興味津々、小さな美術館に入ってしまったような感覚で、見学していました。

 

その時、なにかのスイッチが入ってしまたんですね。。。。きっと。。。。

 

気に入った絵柄のタロットカードを、思わず、大人買いしてしまいました。。。

 

その後、わたしの友人は、その話を聞いて、大爆笑し、

 

「マリアったら、そのうち、タロットの館~とかで、占い師さんはじめないでちょうだいね。

 

なんでも、やり始めたら、とことんやるから、心配になってきた~。

 

もともと、マリアは、ヨーロッパ旅行が趣味の人だから、タロットの歴史~とかって、興味津々になって、きれいなキラキラしたものが好きだから、キラキラしたカードをまとめ買いしちゃったんじゃないのぉ~?」

 

って。。。。。その通り!

 

さすがは、わたしの親友です~バレバレでございましたえっ

 

そんなわたしですが、タロットカードには、不吉なカードもあるのです。

 

そっと、封印したまま、わたしの本棚に飾ってありました。

 

それから、随分、月日が経って、ある日、マナ・カードに出会いました。

 

マナ・カードには、ネガティブなカードが1枚もございません。

 

すべては、ポジティブな、美しいカードでした。

 

そのことと、ハワイ生まれのカードであることに、強く惹かれて、ついに、3年間、学び続けまして、ハワイ島マスターコースに参加してまいりました。

 

マナ・カードの良いところは、行動心理学の博士が作成されたセラピー・カードですので、セラピーに効力を発揮します。

 

そして、「MANA(マナ)」につながって、パキーンとつながった時には、どんどん、メッセージが降りてきます。

 

もう、面白いくらいに、わたしの中にないような言葉が、どんどん、あふれてきて、もしかして、チャネリングしながらカードリーディングしているのかな?っという感覚になります。

 

同じカードであったとしましても、その時々で、降りてくるインスピレーションが違っていますので、お伝えの内容も違っています。

 

それでは、クライアントさんにとって、どうなのか?っということを、お聞きしていますと、それぞれに、ちゃんと、伝わって、納得し、次へのステップを確信して帰っていらっしゃいます。

 

その表情の変化や、帰って行かれる時の感じをお見送りしまして、マナ・カードが、勇気や希望をともす役目を担ったことを確信します。

 

このカードは、特別な感じがしています。

 

そのことは、ハワイ島のリトリートセンターで行われた5日間の合宿セミナー、高位のカフナによるペレの儀式、創始者キャサリン・カラマ・ベッカー博士の渾身のワークショップ、マナ・カード日本代表の新井朋子さんとアロヒナニさんのワークメソッド、特別の空間の中で、ハワイアンのスピリットにふれる瞬間を感じながら、濃い、濃すぎる5日間でした。

 

濃すぎて書けません。

 

書けないままに、なんと、1か月以上が経ってしまいました。

 

どことなく、「HUNA(フナ)」(秘密の意味)のセミナーでした。

 

そして、参加者のスピリットが、「HUNA(フナ)」の7つの秘宝を、それぞれに抱いたセミナーだったと感じています。

 

わたしにとりましても、まさしく、「HUNA(フナ)」の7日間でした。

 

感謝と共に、今、パンドラの箱を解いて、わたしの中で、熟成した一部を、書いてみようと思います。

 

ハワイ好きのあなた

 

HULAを習っていらっしゃるあなた

 

毎年、ハワイへいらっしゃるあなた

 

いつかは、毎年、ハワイへいくもん~っと思っていらっしゃる素敵なあなた

 

そして、いつかは、ハワイの神話世界につながって、マリアのマナ・カードセッションで、自分の中の答えに出会ってみてくださいね。

 

マスターコースの本編は、また、後程。。。

 

今日は、満月~宇宙の神秘を信頼して、素晴らしい満月の日を過ごしましょう~ラブラブ

 

あなたに愛と平和を

わたしに愛と平和を

Malialei


関連記事

ページ上部へ戻る